出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「はすがけ」とも》ななめ。はす。

「―に、長い一筋の町を照らす太陽を眺めた時」〈漱石・坑夫〉