出典:デジタル大辞泉(小学館)

[形][文]はづか・し[シク]
  1. 自分の欠点・過失などを自覚して体裁悪く感じるさま。面目ない。「成績が悪くて―・い」「字が下手で―・い」

  1. 人目につきたくない思いである。気詰まりである。てれくさい。「人前に出るのが―・い」「そんなにほめられると―・い」

  1. 相手がすぐれていて気おくれするさま。立派である。

    1. 「御息所は、心ばせのいと―・しく」〈・葵〉

[派生]はずかしがる[ラ五]はずかしげ[形動]はずかしさ[名]

出典:青空文庫

出典:gooニュース