出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動ナリ]箙 (えびら) に入れて背負った矢の矢筈が高く現れて見えること。また、そのように背負うさま。
  • 「たかうすべ尾の矢三十六指いたるを、―に負ひなし」〈太平記・九〉