出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ラ五(四)]

  1. 手や足を大きく広げて立つ。また、進路などをふさぐようにして立つ。立ちはだかる。「戸口に―・る」「困難な問題が目前に―・る」

  1. 衣服の前などが乱れて開く。「裾が―・る」

  1. 目・口・指などが大きく開く。

    1. 「奇異に目、口―・りて」〈今昔・一九・一八〉