出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動カ下一][文]はだ・く[カ下二]
  1. 手や足を大きく広げる。また、目・口などを大きくあける。

    1. 「指の股を思い存分―・けた両手で」〈有島・星座〉

  1. 衣服の前などを広げる。「胸を―・ける」

    1. 「火鉢の炭を―・けて」〈風葉青春

  1. 衣服の前などが乱れてひらく。はだかる。「裾が―・ける」