出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]

  1. (「斑」とも書く)雪などが不規則に濃淡になっているさま。まだら。

    1. 「川岸の―に消えかかった道を行った」〈犀星・幼年時代〉

  1. はだれ」に同じ。

    1. 「夜を寒み朝戸を開き出で見れば庭も―にみ雪降りたり」〈・二三一八〉