出典:デジタル大辞泉(小学館)

東京都南西部の市。もと甲州街道の宿場町。絹織物の機業・集散地として発達し、桑都 (そうと) と呼ばれた。現在は精密機器などの工業も盛ん。大学が多く、住宅地。高尾山や滝山城跡がある。人口58.0万(2010)。