出典:デジタル大辞泉(小学館)

Palazzi Vaticani》バチカン市国のサンピエトロ大聖堂に隣接する宮殿。5世紀末にローマ教皇シンマクスが建てた居館に起源する。14世紀に教皇グレゴリウス11世が教皇庁を置き、宮殿としての整備を行った。教皇の居館のほか、歴代教皇の収集品を展示するバチカン美術館ミケランジェロの天井画で知られるシスティナ礼拝堂、バチカン図書館などがある。1984年、「バチカン市国」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。