出典:デジタル大辞泉(小学館)

謡曲。四番目物。零落の身の佐野源左衛門尉常世は、大雪の夜、旅僧に身をやつした北条時頼を泊め、秘蔵の鉢の木を焚 (た) いてもてなし、いざ鎌倉のときの決意を語る。後日、それが報いられ、旧領の回復と鉢の木にちなむ三領地を与えられる。

[演劇・映画/能・狂言の作品]カテゴリの言葉