出典:デジタル大辞泉(小学館)

八幡神に対する称号。神仏習合によって起こり、八幡神の本地菩薩としたもの。
[副]《八幡大菩薩に誓って、の意から》必ず。断じて。決して。
    1. 「―、是非に貰はねばきかぬ」〈難波鉦・六〉

[宗教・思想/神道]カテゴリの言葉