はつ‐えん【発煙】 の意味

  1. [名](スル)煙を出すこと。「発煙してダニを殺す薬品」
  • 名詞

はつ‐えん【発煙】の慣用句

  1. はつえんざい【発煙剤】
  1. はつえんしょうさん【発煙硝酸】
    • 二酸化窒素を多量に含む濃硝酸。常温で二酸化窒素の赤褐色の煙を出す。酸化力がきわめて強く、酸化剤・ニトロ化剤などとして利用。
  1. はつえんとう【発煙筒】
    • 発煙剤を筒に詰めたもの。煙を発生させて信号・煙幕などに使用する。「発煙筒をたく」
  1. はつえんりゅうさん【発煙硫酸】
    • 濃硫酸に多量の三酸化硫黄を吸収させたもの。粘度の高い油状の液体。常温で三酸化硫黄の白煙を出す。接触法による硫酸製造の際に得られ、染料・火薬・薬品などの原料とする。