出典:デジタル大辞泉(小学館)

唐鏡の一。円鏡の周囲に八つの弧状の、八弁花をかたどったもの。日本でも、奈良・平安時代に用いられた。→八稜鏡 (はちりょうきょう) 

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉