出典:デジタル大辞泉(小学館)

初雁。また、その鳴く声。

「秋風に―ぞ聞こゆなる誰 (た) がたまづさをかけて来つらむ」〈古今・秋上〉