出典:デジタル大辞泉

紺色に染めたのれん。近世、上方の遊里で局女郎 (つぼねじょろう) という下等な遊女のいる門口に掛けた。あおのれん。