はつがん‐ぶっしつ【発×癌物質】 の意味

  1. を発生させる物質。動物実験で比較的短期に高率に発生させることのわかった化学物質。ベンツピレンなどの芳香族炭化水素アゾ化合物・クロム化合物など。発癌性物質。癌原性物質。