出典:デジタル大辞泉(小学館)

唯識宗で、八つの対象を認識する作用。眼識・耳識・鼻識・舌識・身識・意識・末那 (まな) 識・阿頼耶 (あらや) 識。はちしき。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉