出典:デジタル大辞泉(小学館)

天皇のそば近くにいて日常の用を勤めること。

「おしなべての―し給ふべき際 (きは) にはあらざりき」〈・桐壺〉