出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「はふひ(法被)」または「はんぴ(半臂)」の音変化》

  1. 和服の上着の一種。広袖筒袖で、膝丈または腰丈。襟は折り返さないで着る。職人などが用いる。江戸時代は、武家の中間 (ちゅうげん) 、大店の下僕などが家紋のついたものを、襟を羽織のように折り返して着用した。印半纏 (しるしばんてん) 。

  1. 禅寺で、椅子の背に掛ける布。

  1. 能装束の一。胸ひものない広袖の上着。甲冑 (かっちゅう) 武者や鬼畜などの役に用いる。

出典:青空文庫