出典:デジタル大辞泉(小学館)

どこから見ても欠点のないこと。また、その人。

「難波女に姿の足らはぬ所なしとて、―といふ者あり」〈浮・諸艶大鑑・六〉