はつ‐むこいり【初婿入り】 の意味

  1. 婿が初めて嫁方に行き、正式に嫁方の両親と親子の杯を交わすこと。
  • 名詞