出典:デジタル大辞泉(小学館)

Certosa di Padula》イタリア南部、カンパニア州の町パドゥーラにあるカルトジオ会の修道院。正式名称はサンロレンツォ修道院。14世紀初頭、トンマーゾ=サン=セベリーノにより創設され、同国第2の規模を誇る。大部分はバロック様式で、世界最大級の回廊がある。現在、西ルカニア考古学博物館になっており、先史時代から古代ギリシャ時代までの遺跡からの出土品を展示している。1998年に「パエストゥムベリアの古代遺跡群を含むチレントディアノ渓谷国立公園とパドゥーラのカルトジオ修道院」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。