出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「鳩の目銭」の略。円形で、銭の穴が鳩の目に似ているところから》近世初期、伊勢参宮の人が賽銭 (さいせん) 代わりにまいた私鋳の鉛銭。表裏とも文字がなく、銭1文につき10文ないし12文で交換した。勢州宮銭。伊勢宮銭。通宮銭。鳩目。

「宮廻りの蒔銭 (まきせん) に―といふをかしげなる鉛銭 (なまりぜに) 」〈浮・永代蔵・四〉