• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

う‐えん〔‐ヱン〕【×迂遠】 の意味

  1. [形動][文][ナリ]《道路などが曲がりくねって目的地までなかなか到達できないの意から》
  1. まわりくどいさま。また、そのため、実際の用に向かないさま。「―な方法」
  1. 世の中の動きに疎いさま。
  • う‐えん〔‐ヱン〕【×迂遠】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ こうも言って、彼が他人の感情に鈍感で、他人の恩恵を一図に善意にのみ受取っている迂遠さを冷笑した。

      葛西善蔵「贋物」

    • ・・・書記官と聞きたる綱雄は、浮世の波に漂わさるるこのあわれなる奴と見下し、去年哲学の業を卒えたる学士と聞きたる辰弥は、迂遠極まる空理の中に一生を葬る馬鹿者かとひそかに冷笑う。

      川上眉山「書記官」

    • ・・・     四 社会運動と倫理学 青年層にはまた倫理学を迂遠でありとし、象牙の塔に閉じこもって、現実の世相を知らないものの机上の空論であるとしてかえり見ない向きもある。

      倉田百三「学生と教養」