はな【花/華】 の意味

  1. 種子植物有性生殖を行う器官。葉から変形した萼 (がく) 花びら雄しべ雌しべおよび花軸からなる。この要素の有無により完全花不完全花に、雄しべ・雌しべの有無により両性花単性花に分けられる。受精して実を結び、種子を生じる。「―がほころぶ」「―がしぼむ」
  1. 花をもつ植物。また、美の代表としてこれをいう語。「―を植える」「蝶よ―よと育てる」
  1. の花。全ての花を代表する意で、平安時代後期に定着した言い方。「―の宵 (よい) 」
    • 「―散らす風の宿りは誰か知る我に教へよ行きて恨みむ」〈古今・春下〉
  1. 2のうち、神仏に供えるもの。枝葉だけの場合もある。「手向 (たむ) けの―」
  1. 造花。また、散華 (さんげ) に用いる紙製の蓮の花びら。
  1. 生け花。また、華道。「お―の師匠」
  1. 花が咲くこと。また、その時期。多く、桜についていう。「―の便り」「―曇り」
  1. 見かけを1にたとえていう語。「氷の―」「波の―」
  1. 1の特徴になぞらえていう語。
  1. ㋐華やかできらびやかなもの。「社交界の―」
  1. ㋑中でも特に代表的で華やかなもの。「火事と喧嘩 (けんか) は江戸の―」「大会の―ともいうべき種目」
  1. ㋒《華やかで目立つところから》功名。誉れ。「後輩に―を譲る」
  1. ㋓最もよい時期。また、盛んな事柄や、その時節。「独身時代が―だった」「今が―の俳優」
  1. ㋔実質を伴わず、体裁ばかりよいこと。また、そのもの。「―多ければ実少なし」
  1. 10 1に関わるもの。
  1. 花札 (はなふだ) 。「―を引く」
  1. ㋑心付け。祝儀。「―をはずむ」
  1. 11 世阿弥の能楽論で、演技・演奏が観客の感動を呼び起こす状態。また、その魅力。
  1. 12 連歌で、花の定座。また、花の句。
  1. 13 和歌・連歌・俳諧で、表現技巧や詞の華麗さ。内容の意の実 (じつ) に対していう。
  1. 14 《他に先がけて咲くところから》梅の花。
    • 「今のごと心を常に思へらば先づ咲く―の地 (つち) に落ちめやも」〈・一六五三〉
  1. 15 花見。特に、桜の花にいう。
    • 「尋ね来て―に暮らせる木の間より待つとしもなき山の端の月」〈新古今・春上〉
  1. 16 誠実さのない、あだな人の心のたとえ。
    • 「色見えで移ろふものは世の中の人の心の―にぞありける」〈古今・恋五〉
  1. 17 露草の花のしぼり汁。また、藍染めで、淡い藍色。はなだいろ。はないろ。
    • 「御直衣 (なほし) の裏の―なりければ」〈大鏡・伊尹〉
  1. 18 華やかなさかりの若い男女。また、美女。転じて、遊女。
    • 「―に遊ばば、祇園あたりの色揃へ」〈浄・忠臣蔵
  1. 19花籤 (はなくじ) 」に同じ。
  1. [補説]植物については「花」と書く。
    作品名別項。→

はな【花/華】の慣用句

  1. 花が咲く
    • 時節がきて栄える。「いつか―・く日もくるだろう」
    • それからそれへと、にぎやかに続く。「昔話に―・く」
  1. 花と散る
    • 満開の桜の花が一度に散るように、潔く死ぬ。特に、戦死することをいう。「特攻機は洋上に―・った」
  1. 花に嵐
    • 物事にはとかく支障が起こりやすいことのたとえ。月に叢雲(むらくも)花に風。
  1. 花の命は短くて苦しきことのみ多かりき
    • 林芙美子が色紙などに好んで書いた短詩。女性を花にたとえ、楽しい若い時代は短く、苦しいときが多かったみずからの半生をうたったもの。
  1. 花は折りたし梢は高し
    • 欲しくても手に入れる方法がない。思いどおりにならないたとえ。
  1. 花は桜木人は武士
    • 花では桜が第一であるように、人では潔い武士が第一であるということ。
  1. 花は根に鳥は古巣に
    • 花は木の根元に散り落ちて肥やしとなり、鳥は自分のねぐらに帰る。物事はみな、その本(もと)に帰ることのたとえ。
  1. 花も恥じらう
    • うら若く美しい女性を形容する言葉。「花も恥じらう乙女」
  1. 花も実もある
    • 外観も内容もりっぱである。また、道理にもかなって、人情がこもっている。「―・る粋な計らい」
  1. 花より団子
    • 風流より実利のほうをとること。外観よりも実質を尊ぶことのたとえ。
  1. 花を折る
    • 《花を折ってかざす意から》美しく着飾る。
      「―・りてさうぞきて」〈落窪・三〉
  1. 花を咲かせる
    • 成功する。活躍して名をあげる。「永年の努力が、ついに大輪の―・せた」
    • 盛んにする。にぎやかにする。「思い出話に―・せる」
  1. 花を賞するに慎みて離披に至る勿れ
    • 《邵雍(しょうよう)「安楽窩中吟」から。「離披」は、花びらの各片がはなれひらくことで、すなわち満開の意》花は満開にならないうちに鑑賞するのがよい。物はいまだ絶頂に達しない段階をもってよしとすべきである。
  1. 花を添える
    • 美しさや明るさを加える。はなやかさを増す。「音楽隊による演奏が式典に―・える」
  1. 花を持たせる
    • 人に名誉を譲る。その人を立てて功を譲る。「若い人に―・せる」
  1. 花をやる
    • 華やかに装う。
      「細眉に振袖着て、―・ってゐらるる」〈浮・禁短気・三〉
    • 風流を尽くす。華美を極める。
      「ここの都に―・って春を豊かに暮らされ」〈浮・永代蔵・一〉
    • 人気を博する。
      「評判にのって、たんと―・りぬれば」〈ひとりね・下〉