出典:デジタル大辞泉(小学館)

ムラサキ科の一・二年草。道端に生え、高さ約15センチ。よく分枝し、葉は楕円形で、互生する。春から秋にかけ、淡青色の小さい5弁花をつける。枝上部の葉と葉の間に咲くところから「はないばな(葉内花)」の名がついたといわれる。

[生物/植物名]カテゴリの言葉