出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「荘子」外物から》魚を得てしまうと、魚とりの道具であるは不要になり忘れてしまうように、目的を達すると、それに役立ったものの功を忘れてしまうというたとえ。