はなおか‐せいしゅう〔はなをかセイシウ〕【華岡青洲】 とは

  1. [1760~1835]江戸後期の外科医。紀伊の人。名は震。字 (あざな) は伯行。古医方・オランダ外科を学び、開業。チョウセンアサガオを主剤とする麻酔剤を開発し、日本初の乳癌 (にゅうがん) 摘出手術に成功した。

はなおか‐せいしゅう〔はなをかセイシウ〕【華岡青洲】の慣用句

  1. はなおかせいしゅうのつま【華岡青洲の妻】
    • 有吉佐和子の長編小説。江戸時代の医師華岡青洲の、妻と姑との確執を描く。昭和42年(1967)刊。同年、第6回女流文学賞受賞。映画化・戯曲化もされている。