出典:デジタル大辞泉(小学館)

謡曲。四番目物世阿弥作。日本書紀などに取材。越前国にいた大迹辺 (おおあとべ) 皇子(のちの継体天皇)は即位のため、照日の前に形見の花筐を贈って上京する。照日の前は物狂いとなって都へ行き、行幸の行列の前に出て天皇と再会する。

[演劇・映画/能・狂言の作品]カテゴリの言葉