出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名]
  1. 穂の出た薄。尾花。 秋》「―風のもつれは風が解く/蓼汀」

  1. 襲 (かさね) の色目の名。表は白、裏は薄縹 (うすはなだ) 

[枕]薄の穂の意から、「穂に出づ」「ほのか」にかかる。
    1. 「―ほにいだすべき事にもあらずなりにたり」〈古今・仮名序〉