はなち‐がき【放ち書(き)】 の意味

  1. 文字を連綿体で書かないで、一字一字はなして書くこと。多く、幼稚な筆跡にいう。
  1. 分かち書き1」に同じ。
  • 名詞