出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 花の咲いている木の下。花の陰。 春》

  1. 《鎌倉・南北朝時代に、寺社の桜の木の下で連歌を興行したところから》地下 (じげ) の連歌愛好者。また、その名手への尊称。

  1. 2から転じて》連歌・俳諧の最高権威者である宗匠の称号。連歌では里村昌琢以来、里村家がこれを称した。俳諧では加藤暁台が二条家から許しを得たのが初めといわれる。