はな‐もり【花守】 の意味

  1. 花を守る人。桜の花の番人。桜守。 春》「―や白きかしらをつきあはせ/去来
  • はな‐もり【花守】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ 古蓑が案山子になれば、茶店の骸骨も花守をしていよう。

      泉鏡花「燈明之巻」