出典:デジタル大辞泉(小学館)

[1746~1821]江戸後期の国学者。武蔵の人。幼名、寅之助。号、温故堂。7歳で失明。のち、江戸に出て賀茂真淵 (かものまぶち) らに学び、抜群の記憶力により和漢の学に通暁。幕府の保護下に和学講談所を建て、晩年、総検校 (けんぎょう) となる。「群書類従」を編纂。著「武家名目抄」「花咲松 (はなさくまつ) 」など。

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉