出典:デジタル大辞泉(小学館)

鳥がくちばしで羽をかきつくろうこと。一説に鳥がはばたくこと。

「暁の鴫 (しぎ) の―百羽 (ももは) がき君が来ぬ夜は我ぞ数かく」〈古今・恋五〉