出典:デジタル大辞泉(小学館)

義太夫節で、一場の筋の発端となる部分。一段を口 (くち) ・中 (なか) ・切 (きり) に分けたとき、口と中の部分。→切場 (きりば) 

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉