出典:デジタル大辞泉(小学館)

《人が脛巾 (はばき) をはいた形に似るところから》刀剣などの刀身が鍔 (つば) に接する部分にはめる鞘口 (さやぐち) 形の金具。刀身が鞘から抜け落ちないようにするためのもの。はばき。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉