出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. ホウキギの別名。 夏》

  1. 信濃(長野県)の園原 (そのはら) にあって、遠くからはあるように見え、近づくと消えてしまうという、ほうきに似た伝説上の木。転じて、情があるように見えて実のないこと、また、姿は見えるのに会えないことなどのたとえ。

    1. 「園原や伏せ屋に生ふる―のありとは見えて逢はぬ君かな」〈新古今・恋一〉

  1. 《語頭の2音が同音であるところから》母の意にかけて用いる。

    1. 「大后の宮…日の本には―と立ち栄えおはしまして」〈栄花・駒競べの行幸〉

(帚木)源氏物語第2巻の巻名。光源氏17歳。源氏の、友人たちとの雨夜の品定めや、空蝉 (うつせみ) との恋の前半部を描く。
(帚木)短歌雑誌。昭和5年(1930)、吉沢義則の主宰により創刊。

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉

[生物/植物名]カテゴリの言葉

[夏/植物]の季語