出典:デジタル大辞泉(小学館)

[連語]《かしこまった気持ちでいるの意の動詞「はべり」+尊敬の意の補助動詞「たまふ」》尊者に対する会話で、話し手が敬意を払う必要のある人の動作に用い、動作主を敬うとともに、その動作主の「いる」「…している」状態を、より上位の聞き手に対し「はべり」を用いて丁重慇懃 (いんぎん) に表す。おりなさる。…しておりなさる。
  • 「今となりては、心苦しき女子どもの御上をえ思ひ捨てぬとなむ、嘆き―・ふ」〈・橋姫〉
[補説]平安前期・中期ごろ用いられた特殊表現で、主として男性の堅苦しい慣用語かと思われる。他に「はべりたうぶ」「はべりたぶ」の形のものもあるが、全部合わせても用例はいたって少ない。
  • 「おほし垣本 (かいもと) あるじ、甚だ非常 (ひざう) にはべりたうぶ」〈・少女〉
「かのきみ…孔雀 (くざく) あうむ鳴かぬばかりにてなむ住みはべりたぶ」〈宇津保・吹上上〉