出典:デジタル大辞泉(小学館)

ハマジンチョウ科の常緑低木。紀伊半島以南の海岸に自生し、高さ約1.5メートル。葉は披針形。7月ごろ、紫色の鐘形の花をつけ、果実は海流により散布。同科の双子葉植物は約90種がオーストラリア・太平洋諸島に分布。

[生物/植物名]カテゴリの言葉