出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 破魔弓につがえて放つ矢。現在は神社で厄よけのお守りとして売り出す正月の縁起物。 新年》「をりからの雪にうけたる―かな/万太郎

  1. 新築の家の上棟式の際、鬼門の方角に向け、破魔弓とともに立てる2本の矢の形をしたもの。

[宗教・思想/神道]カテゴリの言葉

[新年/生活]の季語