出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ラ五(四)]

  1. 穴の部分にぴったりとはいる。うまくはいっておさまる。「栓が―・る」「ボタンが―・る」「型に―・る」

  1. うまくあてはまる。「条件に―・る」「役に―・る」

  1. くぼんだ場所などに落ち込む。「堀に―・る」

  1. 計略にのせられる。だまされる。「敵の術に―・る」

  1. かかわりあって抜け出せなくなる。また特に、女性の色香におぼれる。「悪の道に―・る」

    1. 「女に―・って訳もなく家蔵を潰したり」〈紅葉多情多恨

[可能]はまれる
[補説]5は、近年、「すっかり旅行にはまっている」のように、のめり込んでいるようすを、肯定的にとらえた意味でも用いる。