出典:デジタル大辞泉(小学館)

《動詞「は(食)む」の連用形から》

  1. 食うこと。また、くらし。

  1. 食 (は) み跡 (あと) 」の略。

  1. 食 (は) み物」に同じ。

    1. 「或ル片目ナ鹿、海端ヲ廻ッテ―ヲ尋ヌルガ」〈天草本伊曽保・片目な鹿〉

出典:青空文庫