出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 一部が欠けていて、ひとそろいにならないもの。はんぱもの。はしたもの。「コーヒー茶碗の端物」

  1. まとまった量にならないもの。また、単発的なもの。「端物の印刷を引き受ける」

  1. 新内節で、義太夫節から移入した段物に対し、新内節独自に作られた曲。⇔段物

  1. 常磐津 (ときわず) 清元長唄などで、歌い物的な、叙情的な短編の曲。また、それを地とする舞踊。⇔段物

  1. 講談で、短い読み物。

[美術・音楽/音楽]カテゴリの言葉

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉