出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](スル)
  1. 続けざまに早く打ったり打ち上げたりすること。「早打ちの花火」「太鼓を早打ちする」

  1. (「早撃ち」とも書く)ピストルなどをすばやく撃つこと。また、続けて撃つこと。「早打ちの名手」

  1. 野球で、打者が早いボールカウントから打つこと。「早打ちして悪球に手を出す」

  1. 馬や駕籠 (かご) を走らせて急を知らせること。また、その使者。

    1. 「―の駅 (むまや) づたひの東路は遠きも近きさかひなりけり」〈新撰六帖・二〉