出典:デジタル大辞泉(小学館)

[1895~1945]洋画家。長野の生まれ。大正8年(1919)社会運動家の大杉栄を描いた「出獄の日のO氏」を二科展に出品し、警視庁から撤回を命じられる。大正10年(1921)渡欧、帰国後は春陽会などで活躍。セザンヌの影響を受け、詩情を感じさせる作風で知られる。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉