出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「て」は風の意》

  1. 急に激しく吹く風。寒冷前線に伴うことが多い。陣風。しっぷう。「―のごとく通り過ぎる」

  1. 《かかるとすぐ死ぬところから》疫痢 (えきり) 

  1. (疾風)旧日本陸軍の単座戦闘機。制式名称は四式戦闘機。昭和18年(1943)初飛行。最大時速687キロ。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

[地学/気象]カテゴリの言葉