出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 腹掛け。腹巻き。 夏》

  1. 鎧 (よろい) の一。胸・腹部と両脇だけを防護する簡略なもの。多く雑兵 (ぞうひょう) が用いたが、上級武士も軽武装のときに衣服の下に着るなどした。

出典:青空文庫