出典:デジタル大辞泉(小学館)

1455~1485年、ランカスター家ヨーク家との王位争奪を中心とする英国の封建貴族間の内乱。それぞれ紅と白のバラを記章としたのでこの名がある。結局ランカスター派が勝ちチューダー朝が成立したが、長期にわたる戦いで貴族の勢力は衰え、中央集権化が急速に進んで、絶対主義への道を開いた。