ばら‐まき【×蒔き】 の意味

  1. ばらまくこと。広い範囲に、また、ねらいを付けた多数に配ること。「ちらしの散蒔き」「票田対象の散蒔き予算」
  1. 種まきの方法の一。種子をばらばらに散らしてまくこと。
  • 名詞

ばら‐まき【×蒔き】の慣用句

  1. ばらまきげんぜい【散蒔き減税】
    • 代替財源や減税効果などを十分に検討せずに減税すること。多く、景気対策などの名目で行われる。政権与党の人気取りだとして批判していう言葉。