出典:デジタル大辞泉(小学館)

《原題、(フランス)Roman de la Rose》中世フランスの教訓寓意詩。ギョーム=ド=ロリスによって1225~1240年に書かれた第一部は宮廷趣味の恋愛作法を幻想的に描き、ジャン=ド=マンによって1275~1280年に書かれた第二部は、愛欲的恋愛観を社会批評を交えて展開。